Overview 会社案内

社名 四国鉄道機械株式会社
本社所在地 〒764-0017 香川県仲多度郡多度津町西港町27番地 アクセス
TEL:0877-32-5191
FAX:0877-32-5194
JR :086-4129
設立 昭和63年2月1日
資本金 授権資本金 4,000万円
払込資本金 2,000万円
株主 四国旅客鉄道株式会社
株式会社JR西日本テクノス
取引銀行 百十四銀行
従業員数 約160名

Organization chart 組織図

History 沿革

昭和44年
8月 太陽工業(株)多度津出張所として発足、国鉄四国支社(1970年四国総局に改称)および多度津工場の設備関係工事受注
昭和45年
4月 関西交通機械(株)四国営業所と改称、始動電動機、蛍光灯、扇風機および役務工事受注
昭和49年
4月 高松駐在新設
昭和50年
4月 役務部門分離(関西工業整備(株)発足)
昭和52年
6月 作業場新設、鉄工作業開始
7月 洗浄装置製作開始
昭和53年
5月 関西交通機械(株)四国事業所と改称、高松駐在は高松営業所となる
昭和55年
6月 イラク国鉄から洗浄機受注
11月 韓国国鉄から洗浄機受注
昭和57年
10月 高知地区券売機修繕開始、駐在発足
昭和58年
12月 松山地区券売機修繕開始、駐在発足
昭和63年
1月 関西交通機械(株)四国事業所を廃止
  • ※1991年(平成3年)10月、関西交通機械(株)は(株)ジェイアール西日本テクノスに社名変更
    (「(株)ジェイアール西日本テクノス 30年のあゆみ」より抜粋)

1987年 / 昭和62年

4月 国鉄改革により四国旅客鉄道(株)(JR四国)発足
7月 韓国釜山地下鉄の台車洗浄装置、床下機器着脱装置など、車両検修設備の製作ならびに据付指導

1988年 / 昭和63年

2月 関西交通機械(株)四国事業所と関西工機整備(株)多度津事業所が合併し、株式会社四国鉃機発足
11月 特定建設業(管工事・機械器具設置工事)許可を取得
12月 JR四国から1,000万円の出資

1989年 / 平成元年

3月 一般建設業(管工事、機械器具設置工事、消防施設工事)許可を取得
4月 多度津事業所(車両部、機械部、輸送部)を新設
10月 一般建設業(鋼構造物工事)許可を取得

1990年 / 平成2年

9月 インドネシア国鉄の牽引モータ、ベアリング、ラジエータなど洗浄装置の設計製作

1992年 / 平成4年

1月 決算期を6月末日から3月末日に変更
JR四国から業務移管(上回り、空気圧縮機、アジャスターなど)
4月 事業部制を実施。経営計画部、総務部、機械事業部、車両事業部をおく

1993年 / 平成5年

3月 バングラデシュ国鉄の機関車車体フィルター洗浄装置および同給油装置、機関部品洗浄装置の設計製作
4月 徳島ターミナルビル内に徳島設備管理事務所を新設、ビル設備管理およびメンテナンス業務を開始

1995年 / 平成7年

4月 JR四国から業務移管(電装、自動連結器、過給機など)

1996年 / 平成8年

6月 高松営業所を高松事業所に改称

1998年 / 平成10年

1月 (株)ジェイアール西日本テクノスより本社用地3.300㎡を購入
ガーナ国鉄のシリンダーヘッドテスト装置、ラジエータ洗浄テスト装置の設計製作
4月 JR四国管内エレベーターほか検修を開始
6月 JRホテルクレメント宇和島の機械設備保守点検を開始

1999年 / 平成11年

10月 機械管理などの業務を開始 
徳島ターミナルビルのエレベーター、エスカレーター保守点検を開始

2000年 / 平成12年

2月 JR四国から業務移管(多度津工場の内燃機関検修業務を開始)
多度津事業所事務所をJR多度津工場内諸舎14号2階へ移転
車両事業部に車両部(内燃課、電装課、艤装課、部品課)、輸送部(輸送課、用品課)をおく
6月 賃貸業を開始
7月 JR四国から業務移管(回転機など)
8月 JR四国の出資比率が90%を超え、名実ともにJR四国グループの一員となる

2001年 / 平成13年

3月 全日空ホテルクレメント高松内に高松設備管理事務所を新設、設備管理およびメンテナンス業務を開始
8月 全日空ホテルクレメント高松の昇降設備保守業務を開始
9月 特定建設業(鋼構造物工事)許可を取得

2002年 / 平成14年

6月 機械事業部に営業部を新設、高松事業所を高松営業所に改称

2003年 / 平成15年

2月 輸送部を車両部輸送課とする
3月 JR四国管内の公害測定業務を開始

2008年 / 平成20年

4月 車両事業部に用品販売部を新設、販売課を移設
高松営業所に品質管理課を設置

2009年 / 平成21年

9月 車両部の部品課と電装課を統合し、部品電装課とする

2011年 / 平成23年

4月 車両部品作業場の一部を本社工場から多度津事業所へ一部移転
121系電車のリニューアル工事開始(7200系化改造)

2012年 / 平成24年

4月 高松営業所を設備部に改称、徳島・高松設備管理事務所を所管させる

2013年 / 平成25年

4月 阿佐海岸鉄道車両の検査修繕工事を開始

2014年 / 平成26年

7月 社名を「株式会社四国鉃機」から「四国鉄道機械株式会社」に変更
本社新社屋竣工
キハ47観光列車「伊予灘ものがたり」改造工事実施

2015年 / 平成27年

4月 組織改正により車両部に計画課を新設、部品電装課を電装課に改称
用品販売部を企画販売部に改称、企画課をおく、総務部資材課を廃止
開発部開発課を開発一課、二課に変更、機械部に品質管理課をおく
徳島ターミナルビル設備管理事務所を徳島設備管理事務所に、JRホテルクレメント高松設備管理
事務所を高松設備管理事務所に改称

2016年 / 平成28年

4月 (株)JR西日本テクノスからLED蛍光灯組立工事を受注開始

2017年 / 平成29年

2月 車両部に品質管理課をおく
観光列車「四国まんなか千年ものがたり」改造工事実施

2018年 / 平成30年

10月 JRクレメントイン高松開業に伴い、高松設備管理事務所がJRホテルクレメント高松、JRクレメントイン高松、両ホテルの防災センター業務を受託

2019 / 令和元年

1月 ISO9001 機械設備の設計・製造・設置に関する認証を取得

2020 / 令和2年

4月 観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」改造工事実施

2021 / 令和3年

9月 設備部新事務所竣工